NYオーガニックマーケット

2/1~2/7までニューヨークにいってきました。

旅行の目的のひとつは、オーガニックマーケット巡り!
(まぁ、節約の意味も込めてですが。)

毎日通ったWHOOLFOODS in ユニオンスクエア
野菜の陳列ひとつとっても賑やかで鮮やかでわくわく。

Img_0358 Img_0357

1980年に20名弱でスタートした自然派スーパーが、
今や全米に280店舗以上も展開しているとか。
※マンハッタンにも複数店あります。
アメリカオーガニックスーパーで最も成功しているようです。
1店舗で、これだけの在庫を持って、どうやって売り切るのかしら?
野菜はしなびちゃわないのかしら?
※野菜だけにあらず、肉や魚も盛りだくさん。
食料自給率130%の国だからできることなのかな?

そしてWHOOLFOODSの一番の魅力は豊富なお惣菜!

Img_0351 Img_0352

常時20~30種類のお惣菜に、あったかいスープも5~10種類くらいありました。
その場で焼いてくれるPizzaにサンドウィッチなどなど。
スープは一番小さいカップにモリモリといれて2.5$(女性ならこれで十分かと。)
お惣菜も3種類の箱から好きな大きさの箱を選び、何種類でも詰め込めます。
※お会計は量り売り
買ったお惣菜は、2階のイートインスペース(ユニオンスクエアが一望)で
食べられます。お野菜たっぷりでヘルシーだし、満足度高し。

スーパーといえど、コスメ関係もすごく充実!
しかもオーガニック製品ばかり集めています。
石鹸ひとつとっても1$~10$オーバーまで、値段も種類も豊富。
アロマオイルやスクラブ、シャンプー、リンス、ボディソープもたっぷり。
そうそう、驚くべきことにジョン・マスターズまで置いてありました。

ただ、日常品を買うには少しお高いらしい。
主婦らしき人は、数百メートル先に位置する
同じくオーガニックスーパーのTRADERJOE'Sのほうが
多かったような気がする。
※ハムやソーセージ、パン、卵などはたしかにTRADERJOE'Sのがお安かった。

Img_0355

続いてユニオンスクエアで月・水・金に開かれるグリーンマーケット。
私は水曜日の朝10:00ごろにおでかけ。
お隣のニュージャージー州の農家さんが集まる野外のマーケットです。

S_r0011447_2S_r0011457_2

お野菜以外にもパン、スコーン、マフィン、はちみつ、ジャム、牛乳、チーズ、鮮魚などなど。
名物のアップルジンジャー(あったかいサイダー、2$なり)を試しました。
んーあまい!飲みきれず!

S_r0011451

もう少し英語が喋れればーいろいろ聞いてみたかった!

日本でもおなじみのDean&Deluca(オーガニックというよりかは高級スーパーという印象でした。)、地元の人に愛されるスーパーGourmetGarage(グルメガレージ、トマトを抱えたシェフのマーク)にもいきましたが、写真をあまり撮っていないのでこれにて終了。

| | コメント (0)

アートの島・直島

 12日から16日まで、岡山県と香川県の間に浮かぶ島、直島に行ってきました!

 ちょうど去年の今頃、越後妻有アートトリエンナーレ(新潟)に行って受けた衝撃は、旅行中限定の魔法ではなく、むしろ時間が経てば経つほど色濃くなっていて、アートに限らず物事を考えるときの大切な軸になっている気がする。さて、今年の夏休みはどうするか、と考えたときやっぱり妻有の衝撃が忘れられず、アーティストや空家プロジェクトなど重なる部分の多い、直島に行くことにしました。

 直島はベネッセが文化事業をしている島で、安藤忠雄設計の地中美術館やベネッセハウスミュージアムを中心に、穏やかで深いブルーの瀬戸内海、地球がまーるいことを再認識できる、広い空の下、現代アートが島のあちらこちらに点在しています。
 この島の一番の魅力は、企業の自己満足で終わらず、島民を置いてけぼりにしないアートプロジェクトが行われていることだと思う。築数十年から数百年という民家がひしめく本村地区では、空家や空き地をアーティストが再生する家プロジェクトが行われていて、ボランティアガイドをするのは、島民のおじいちゃんおばあちゃん。作品を観ていると、さりげなく島の歴史を教えてくれます。島民が、みんな誇らしげに作品を紹介している姿に出会うと、このアートの島が、ビジネス先行ではなく、ちゃんと人の思いが先行して“島づくり”されていることを感じる。

Imgp1733Imgp1734Imgp1746Imgp1786
Imgp1738_3Imgp1705Imgp1742
Imgp1800Imgp1810Imgp1817    

また追々じっくりと語りたいです。今日はひとまず写真をあげて・・・二子玉川の花火大会に行ってきまーす。       

| | コメント (0)

箱根旅行

Imgp1307_1 29、30日は学生最後の旅行へ。1泊2日で箱根に行ってきました。お相手は私にしてはめずらしく母親と祖母(父方の)。はっきりいって私はあんまり家族孝行ではないなぁと思います。家族には甘えられるうちは甘えとけ、っていう考えがどこかにあるし、家族にはいつでも会えるから、友達を優先しようというのが基本的な考え方。でも、エンドリケリーが日ごろ放ち続けているメッセージの影響もあり(笑い事ではなく本当に!彼の活動は、母親の病気がきっかけになっているところもあるので。)実際、今年にはいってから起こった(起こっている)身内のトラブルもあり、ちょびっとだけその考え方が変わってきてるなぁと思う。普段だったら誘われても断る今回みたいな旅行に行くと返事をしたのは、今できることは今しておいたほうが良いと思ったから。そういえば、おじいちゃんのお墓参りに初めて1人で行ったのも、今年に入ってからだったり。・・・私もやぁっと少し、大人になってきてるのかな?お墓、というか向こうの世界を大切にしはじめるのって、なんか子供の感覚ではない気がする。何かにすがりたくなる時って、自分の力ではどうしようもできないって気付いたときだから。それとも、単に私が薄情だっただけかしら。

ゆーっくり温泉につかって、女3人それぞれがマイペースに楽しむ。2日目はママ(祖母のことを家ではこう呼びます。)が行きたがっていた成川美術館へ。日本画の美術館で、これだけたくさんの日本画を見たのは友達が通う武蔵美の日本画展に行って以来。日本画の淡い色と、桜のモチーフ(ちょうど桜展をやっていたのです!)にまったり。でも、一枚『花 鎮魂』という作品があって、これは戦時中に亡くなった芸大の友人2人と亡くなった師匠へ鎮魂の祈りをこめて描かれていて。遺族に頼み(恐らく遺品の)“腐れ胡粉”で散りゆく花びらが描かれているらしい。まじまじとキャプションを読んでしまう私の後ろを、「まぁ、綺麗ねぇ」と年配の女性2人組が通り過ぎていく。絵って確かに面白いなぁ。一つ一つの作品にたぁくさんの意味や背景があるはずで、でも受け手にそれを強要しないというか。宗教画なんかはある程度、知識を必要とするのかもしれないけど…。そんなことを、ぽーっと考えながら美術館をあとにしました。

家族旅行も良いものだなぁと思います。やっぱりママの嬉しそうな笑顔にちょっとどきっとしました。ママが一回りも二回りも小さくなっていくのを、この1、2年ずっと感じていて、ちょっと上から目線の書き方になってしまうけど、そういえばこんな風に笑わせてあげられるのも、孫の特権だよなぁと。いつもそこに居てくれると思うと、つい怠けてしまうけど、やっぱり何が起こるかなんてわからないんだし。今できることは、今しよう。

| | コメント (0)

同窓旅行

Imgp1272  卒業旅行の日記はちょっと休憩。22日から24日まで2泊3日で伊豆熱川に行ってきました。こちらは6年2組の同窓旅行!キャンプはなんだかんだ毎年行ってるんだけど、旅行するのは本当に久しぶり。ただし今回はいつも以上に人数が少ないー。なかなか上手く調整できなくて残念です。今回は、Aちゃんが別荘(マンション)を提供してくれたのでそこへ。別荘ってどんなところだろうと思っていたら、和室2部屋に洋室1部屋、ひっろーーいリビング(こたつがある部屋とテーブルとイスがおいてある部屋)、キッチン、お風呂、洗面所とトイレが2つずつ。途中参加も含め7人で行ったにも関わらず、スッカスカ!しかもマンションの3階には大浴場つき!!!部屋からは海が!もーAちゃんったらこんな素敵なところを16年間も隠していたなんてっ(←決して隠してはいないから。)

キャンプってどうしても外飲みになってしまうので、おこたで温まりながら、まったーりのんびーり終電を気にせず飲めるってだけで、テンションが上がってしまう。1泊目は、マンションに着いたのが既に5時ごろだったので、それから夕食(ちゃんこ鍋)の準備をして乾杯。第二次到着組を待っていたので(なんと深夜3時の到着)、まったり飲みながら、これでもかってくらいUNO、UNO、UNO!!!もう当分やらなくていいわー(笑)でも、なんで何時間も連続してやってるのに楽しめるんだろうね。さすが小学校からのメンバーというかなんというか。おバカになれるから好きです、6年2組!

2日目は、前日の疲れもあり10時ごろ起床。私とMちゃん(今回、女の子は2人だけ)は3時到着組と顔を合わせてすぐに眠ったんだけど、どうやら男の子たちはその後も8時ごろまで騒いでいたらしい…。ってなわけでなかなか起きてこない。

Imgp1271_1Mちゃんと私、そして唯一男の子で起きてきたAちゃんとホットプレートを使ってホットケーキを作る。最近、すっごく食べたくて、行きの車の中からやりたいと騒いでいたのです。そんなことをガチャガチャしていると、残りのメンバーもお目覚め。準備をして、電車で1時ごろ伊東駅に到着予定のGちゃんを車で迎えに行く。

Imgp1273_6 Gちゃんの到着が30分ほど遅れると連絡があったので、伊藤駅近くの道の駅へ。テトラポッド沿いをぐるりと散歩。 車へ戻ると、Yくんが「食べる?」とさりげなく、クッキーシュー(外の生地がクッキーになったシュークリーム)をみんなに配る。いつのまに買ってたの!?(笑)Yくんらしいなぁ。                                          

Imgp1275 Gちゃんを拾って、すぐにお昼へ。Yちゃん(ここまでイニシャルトークしてきて思ったけど、男の子に「ちゃん」付けが多い!)が調べてくれた海鮮丼が食べれるというお店へ。私は、ネギトロ丼を注文。ついつい無口になってがっついちゃいました。美味しかったー

シャボテン公園まで行ってみたものの入園料1800円に、そんなに払ってられっか!と駐車場で集合写真だけ撮って退散(笑)これだけ大人数なら、みんなでいれれば楽しいからいいのです。次に目指したのは、自殺の名所?城ヶ崎。Imgp1279_1 ここが面白かった!Imgp1281_4 つり橋を渡った先に広がる絶壁!柵はなく、本当にちょっと足を滑らせたらまっさかさまって所まで歩いていけます。ひょいひょい登っていくMちゃんを横目に、全く崖のほうに近づけないAちゃん。人がフラフラ岩に登っていくのを見ては吐きそうになってて面白い(笑)フラフラひとりでどっかに行っちゃうYちゃん。地べたに這いつくばって崖下を覗くGちゃん。みんなのキャラが出てて面白い。

帰りにもう一度スーパーによって買出し。この日の夕食はみんなでお好み焼き!翌朝までぐだぐだトークが続くのでした。


【おまけ】          
Imgp1285

この旅行で出会ったにゃんこ。城ヶ崎の駐車場にて。
ギロリ。もういっぴきいたんだけど、うまく撮れず…残念。
2ひきは仲良しみたいで、一緒に行動してました。
全然似てなかったから、もしかして夫婦かな。

| | コメント (0)