大地の芸術祭をゆく

今年は、夏休みを8月と9月の2回に分けて取得し、
2回とも越後妻有アートトリエンナーレこと大地の芸術祭へ!

3年に一度、里山で開催されるアートのお祭です。
このお祭の魅力をどう文章にしたら良いのでしょう。
3年前、初参加しましたが(アートトリエンナーレは今年で12年目)
そのとき受けた衝撃は、深く深く私の奥底に沈み、情熱となり
いろいろな局面で指針となっていると感じています。

R0011045_s_2
最後の教室(クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン)

R0011139_s
絵本と木の実の美術館(田島征三)

R0011094_s

R0011104_s_2
津南のためのインスタレーション ―つながり―(瀧澤潔)

R0011197_s
内なる旅(アンティエ・グメルス)

| | コメント (0)

Bell of Peace

学習院女子大学にて行われている
オノ・ヨーコ 平和の鐘展に行ってきました。

Grapefruitより

Er0010855_4

Er0010858

MendPiece
二人一組で壊れたポットを修復する参加型の展示。
「修復する行為は、一度失われた人間関係の再構築」を意味し、
「世界をみなおすこと」につながると示唆している。

Er0010861

Er0010862

| | コメント (0)